0-Smart2030の技術


 0-Smart2030遮熱の家の標準仕様


画像

太陽光発電システム

0-Smart2030が搭載する太陽光発電システムは、PERCセルを採用しています。PERC技術により、発電しきれなかった太陽光をセル内部で反射させ、無駄なく効率良く発電することが可能です。通常モジュールと比較すると夏場でもしっかり発電します。

画像

蓄電池

 一般的な太陽光発電システムは、停電時にパワーコンディショナーが停止することにより、電力出力が不安定になり使用できる電化製品はほとんどありませんが、0-Smart2030が採用している200V大型蓄電システムは停電時でも最大5.5kWを出力可能です。

画像

スマートHEMS

売買電力量の確認、太陽光発電量の確認、蓄電池等ユニットの使用量の確認など住まいの電気の利用状況をリアタイムで表示する「エネルギーモニター」をお持ちのPCやタブレット、スマートフォンでエネルギーを見える化できます。

画像

トリプルガラス+樹脂サッシ

暑さ・寒さを左右する大きな要因となるのが「窓・サッシ」の性能です。
内外2枚をLow-Eガラスで構成したトリプルガラスの熱貫流率(U値)は、0.94W/(㎡・K)。樹脂製フレームの構造体となる外周部は、2.5mm以上の厚さで成形。高断熱性能を発揮し、外部からの騒音を防ぎ、結露を抑制する国内トップクラスの「窓・サッシ」です。

画像

特許取得の遮熱断熱

 0-Smart2030は特許を取得した遮熱断熱工法が標準仕様です。
高気密高断熱の”弱点”である夏の暑さ対策を、ウレタン遮熱工法によって万全にしました。ウレタン遮熱工法は輻射熱対策として約95%の熱を反射する最も効果的で安価なアルミ熱線反射材“R-1”(ウレタン遮熱工法専用シート)と樹脂発泡層(硬質ウレタン現場吹き付け)を行った複合工法で、内断熱工法と外断熱工法を組み合わせたものです。
この相反する性質を複合することで、互いの欠点を補い、暑さにも寒さにも対応できるように開発しました。ウレタン現場発泡により、ほぼ完璧な気密性能が期待できるほか、防音性能に優れ結露も発生しない事が実証されています。

画像

第一種換気24時間システム

0-Smart2030は外気圧より室内の空気圧より室内の空気圧を高くし、外気中の有害物質である花粉や黄砂、PM2.5の侵入を約97%抑える気圧調整型第一種全熱交換換気システム「エクリア」を搭載。
熱交換換気システムにより、冷たい外気を室温に近い温度に温めてから室内に取り込み、ヒートショックのない、キレイな空気環境の暮らしを実現します。

▶エクリアについて詳しくはコチラ

画像

約3mmの揺れから効果を発揮する制震ダンパー

 アットホームおおたにでは、建物の強度を高めて「耐震性」を上げることはもちろん、地震の揺れを制御し、逃す「制震性」も重要と考えます。evoltzは、制振をより高性能にした超バイリニア特性(特許取得)で、繰り返し発生する小さな余震からダメージを吸収し、分散。地震から住まいと家族の命を守ります。

※バイリニア特性とは、制振装置がエネルギーを吸収する「減衰力」の増大に伴って、躯体を傷めることがないように考えた特性。evoltzはこの特性をさらに進化させ「超バイリニア特性」を実現しました。

▶evoltzについて詳しくはコチラ

画像

家中まるごと、アース加工

厳選された7つの鉱物のエネルギーを組み合わせて家中に熱転写(住宅用アース水を加工)することで、住宅用建材に含まれるホルムアルデヒドを0にすることに成功しました。
様々な実験を繰り返すことにより、アースにはホルムアルデヒドを0にする効果だけではなく、生体電流を整える作用や、抗酸化効果、消臭効果、リラックス効果、血流改善効果、深睡眠効果などがあることが証明されていきました。

アースは特許取得済のテクノロジーです。それに伴い、様々なエビデンスも取得しました。また開発者は2019年に「東久邇宮国際文化褒章授与」という社会的信用に繋がる出来事もありました。このようにアーステクノロジーは資格と証拠と信用という客観性のそろった発明なのです。

アットホームおおたにでは住む人が安心して健康に暮らしていただけるように、家中のアース加工を標準仕様としています。

商品ラインナップ|「0-Smart2030」電気を買わない家

ページトップへ