遮熱のいえ。

「遮熱のいえ。」とは

Concept コンセプト

遮熱の家とは

家づくりにおいて、誰もが通過するのが「性能」という部分。
家の性能数値は、主に窓(サッシ)と「断熱」によってあらわされます。

現代の日本の住宅は、国の推進するゼロエネルギーハウスの標準化をとらえて、家の気密性能を高め、冬の寒さに対する対策に注力してきたため、冬の断熱は十分暖かくなっています。

ですが、「暖かい家」にするために断熱性能を高めること(つまり家にダウンジャケットを着せている。)に注力しすぎたため、「夏暑い家」が増え続けてきました。
人間であれば、冬にダウンジャケットを着て、夏場には脱ぐことができますが、家はそうはいきません。
ですから、夏暑いのは仕方ないことかもしれません…。

「夏暑い家」を快適に過ごそうと思うと、エアコンをガンガンに効かせて寝られる方が多いと思います。それほど暑さを気にしない方であれば、冷え過ぎは不快に感じるので、エアコンの温度設定を控えめにする方も多いそうです。また電気代がかかりすぎる家というのも、考え物ではないでしょうか。

エアコンのかけすぎや、我慢によるストレスは自律神経のバランスを乱し、身体に不調をきたしてしまいます。
憧れのマイホームを建てたのに、夏は暑く、健康に過ごせない。エアコンをガンガンにかけて、電気代もかかる。住む人が健康で、エアコンも微風運転で節電できる家にしようと思うと、「夏の暑さ対策」は必要不可欠です。
最近では、各部屋の温度が一定に調整できる「全館空調」などの空調システムも人気ですが、多大なコストがかかってしまいます。また将来におけるメンテナンスも必要不可欠です。

そこで、アットホームおおたにでは、「ウレタン遮熱工法」という特許工法でこの問題を解決しました。


 


 

断熱材だけでは夏の暑さは防げない!?

あまり知られていませんが、どんなに断熱性を高めても、
一般的な断熱方法では夏の暑さは防ぎきれません。
なぜなら、グラスウールなど一般的に使われる断熱材は蓄熱するからです。
夏の太陽熱を浴びた外壁の温度は、60〜70℃位まで上がります。
その熱を断熱材が溜め込みます。溜め込まれた断熱材の熱は、時間とともにジワジワと室内に侵入し、その結果、夜には家の中は蒸し暑くなってしまいます。
一般的な断熱方法は冬用であり、夏には向かないのです。

 

 

Difference 従来工法との違い

ウレタン遮熱工法は従来の断熱工法と違い、
暑さにも寒さにも対応できる新工法です。

熱移動の3原則

現在日本の住宅に使われる断熱材は、グラスウールや発砲系の材料が主流となっています。ところがこれらの断熱材は熱移動の3原則である対流・伝導・輻射熱の内の対流と伝導熱対策として採用されていますが、建物にもっとも影響のある輻射熱対策としてはほとんど効果が期待できません。従来の断熱材料のほとんどが熱を吸収し、蓄えて、やがて放射します。夏の熱帯夜・最上階の天井からの熱気による暑さは、それらに大きな原因がありました。

 

グラスウールや発泡系材料
●熱の伝導、対流に向いている
●遮熱効果が期待できない
●夏の暑さは基本的に防げない
●蓄熱作用により熱帯夜に拍車

アルミ熱戦反射材
●熱線を反射し、夏は涼しい
●冬場の保温効果が期待できない
●結露の可能性がある

 

 そこで、この二つの相反する性質を複合させることにより互いの欠点を補い、暑さにも寒さにも対応できるよう開発したのが「ウレタン遮熱工法」です。さらにウレタン現場発泡によりほぼ完璧な気密性能が期待できます。
ウレタン遮熱工法専用のアルミ熱線反射材R-1は、防音性に優れ、結露が発生しないことも実証されております。安全性や作業性も良く、短期間で施工ができます。高性能でかつ施工しやすく研究した当工法専用シートです。新省エネ基準を満たしているのはもちろん、長期優良住宅やZEHにも対応します。即ち、施主様にとって、夏涼しく、冬暖かで、省エネ効果の実感できる高性能な断熱・遮熱工法です。

 

 

画像

ウレタン遮熱工法
特許を取得した遮熱の工法

画像

一般の断熱工法
ゼロエネルギーハウスにも対応する一般工法

 

 About ウレタン遮熱工法の特徴

●夏に快適な空間

夏に快適な空間にするにはどうしたらいいのでしょう?
答えは、『遮熱』です。
アルミ製の遮熱シートで家を覆い、夏の太陽熱を遮断します。
アルミは、宇宙服に使われるほど遮熱性に優れた優秀な素材です。
住宅に使うアルミ遮熱シートは、太陽熱を 97%以上反射し、室内への熱の侵入を防ぎます。
ですので、夜に蒸し暑くなることもなく、冷房効率のすこぶる良い家になります。
ただ、アルミ遮熱シートは、冬の太陽熱まで反射してしまいます。
そうなると室内は寒くなります。

 

●冬に快適な空間

冬の寒さ対策に、断熱効果の高い発泡ウレタンを使用します。発泡ウレタンを壁の中にピッチリ隙間なく吹き付けることで、室内の暖まった空気を外に逃がしません。
もちろん夏の涼しい空気も逃がしません。

 

●夏も冬も快適な空間

アルミ遮熱シートと発泡ウレタンのお互いの長所を組み合わせることで、一年を通して快適な 空間になります。
アルミ遮熱シートと発泡ウレタンを組み合わせると、冷暖房効率がとても良いです。
好みや使用環境にもよりますが、20 帖のリビングでも 6 帖用のエアコンで快適とおっしゃる方もいます。
冬の底冷えする寒い日でも、ストーブを併用することなくエアコンだけでしっかりと暖まる超省エネ住宅なので、光熱費もグンと節約できます。
「家は広くなったのに冷暖房費は安くなった」ということがほとんど。
もう暑さや寒さを我慢する必要はありません。

 

Experomental Result  驚きの実験結果

グラスウールとウレタン遮熱工法を比較した実験結果

ウレタン遮熱工法の断熱性能を知る方法として、グラスウールで断熱をした住宅とウレタン遮熱工法で断熱をした住宅を比較した実験データがあります。冬と夏において冷暖房はOFFの状態で、室内の温度が外部の気温にどのように影響されるかという実験をしたものです。

グラスウールは冬においても夏においても、外気温に大きく影響されることが分かります。一方ウレタン遮熱工法は外気温の影響を受けにくいため、一日を通して室内の温度差が少ないという結果がでました。

この結果、室内の温度を維持する能力が高いことが分かります。これは室内で冷暖房を付けた時も、その温度を維持する性能が高いので快適に過ごすことができ、光熱費も節約できるということなのです。

 

 

画像

冬の温度データ

画像

夏の温度データ

 

「遮熱のいえ。」の体感ブースを公開中!
モデルハウスや店舗内で体感が出来ます!
気になる方は是非一度、ご来場くださいませ。

 

 

アットホームおおたに予約

アットホームおおたに現場レポート

アットホームおおたに施工事例

 

 

 

 

 


 

 

 

ページトップへ