「0-Smart2030」電気を買わない家

木造住宅用制震装置「evoltz エヴォルツ」

アットホームおおたに本社のある兵庫県姫路市において、山崎断層巨大地震への備えは必要不可欠です。
弊社では、耐震等級3の耐震性能にプラス制振性能を加えることで、より地震に強い家づくりを目指し、家族の安全や財産をしっかり守ります。

地震から大切な住まいを守るためには「速く・強く・効く」ことが、重要です。

地震発生時、壁の内部では「破壊」が進んでいきます。これら現象が起こる前に極めて小さな震度1(約3mm)の揺れから反応する制振ダンパーにより地震の力を「減衰」させることで、住まいへのダメージを軽減し大切な住まいを守ります。

 

 

「耐震」だけで地震対策は万全とは言えません。アットホームおおたにでは、大きな揺れはもちろん、震度1(約3mm)の揺れにも反応する、制振ダンパーevoltz(エヴォルツ)を採用しています。

evoltz(エヴォルツ)は世界有数の自動車メーカーが採用するビルシュタイン社のショックアブソーバーの原理をベースに、木造住宅の制振装置として開発された世界レベルの高性能、高品質を実現した制振ダンパーです。

 

【動画】大阪北部地震の被害にあったお客様インタビュー

 日本の開発力とドイツの技術力が結集

画像

日本の開発力とドイツと技術力が結集して造られた制振ダンパーがevoltz(エヴォルツ)です。

軽量で耐久性の高い“テクニカルブレース”の採用、極めて小さな揺れから確実に効く超バイリニア特性など、オンリーワンの技術で特許取得した世界最高品質のダンパーです。

 

画像

アットホームおおたにでは、建物の強度を高めて「耐震性」を上げることはもちろん、地震の揺れを制御し、逃がす「制振性」も重要と考えます。

地震発生時、制振ダンパーの役割は地震の揺れを「しなやか」に吸収し、分散します。

 

画像

制震ダンパーは、地震の揺れに対して、速く効くことが重要です。
建物は地震で揺れれば揺れるほど、構造躯体の損傷度合いが変わっていきます。
いかに建物へのダメージを軽減させるるか。そのことを第一に考え、弊社では「evoltz(エヴォルツ)」を採用するに至りました。

  

 

 

比べて下さい。どちらも「制振装置」です。

画像

揺れが大きくなった時に効き始める。

画像

揺れはじめの瞬間に性能を発揮する。

 

 

『小さな振動』から『大きな揺れ』まで瞬時に効きます。

画像

 

 

evoltz L220が地震のエネルギーを吸収し、躯体の変形を抑えることで、構造部材へのダメージを低減します。

画像

evoltz L220は木造住宅の新築、リフォーム、耐震改修にも対応。

画像

 

2階建ての場合、1階の柱の部分に設置。

 

 

永く住む家だからこそ、安心して欲しい想いがあります。

画像

地震で10cm揺れると家の倒壊がはじまると言われています。実は震度1(約3mm)の小さな揺れの蓄積でも家にダメージを与えることはご存知ですか?

evoltz(エヴォルツ)なら、制振をより高性能にした超バイリニア特性(特許取得)※で、繰り返し発生する小さな余震からダメージを吸収し、分散します。

※バイリニア特性とは、制振装置がエネルギーを吸収する「減衰力」の増大に伴って、躯体を傷めることがないように考えた特性。

 

画像

制振ダンパーevoltz(エヴォルツ)は、静岡県浜松市に本社のある千博産業株式会社の自社開発商品。ドイツのBILSTIEN(ビルシュタイン)社に製造を委託。

高い性能を誇るガス封入式のオイルダンパーの採用や自動車などで利用されているショックアブソーバーの原理をベースに木造住宅用の制振装置として開発した世界レベルの高性能、高品質の制振ダンパーです。

 

画像

いつ起こるかわからない大地震に対して、制振装置には性能を維持し続けることが求められます。

evoltz(エヴォルツ)は各パーツの耐久性を高めることで業界最長の「20年製品保証」を実現しました。徹底した品質管理があるからこそ、永く安心して暮らしていただけます。

商品ラインナップ|「0-Smart2030」電気を買わない家

ページトップへ